最終手段、脂肪溶解のメリットとデメリット

たくさんのダイエット方法がありますが、根気がなかったり食べることを我慢できない、運動が嫌いなどなかなか成功しない人も少なくないですよね!
ダイエットの特集の番組や本に飛びつくものの、紹介されている通りの効果を得られす途中で挫折してしまう人もいるはずです。
「これが最後のダイエット!」と決めるものの、結局は上手くいかず少しだけ痩せては元に戻るのを繰り替えしているのです。

そんなふうに思うように痩せない人は精神的にも追い込まれることが多く、最終的に脂肪吸引や脂肪溶解といった美容整形の力を借りることになります。
確かにこれらの方法は、ほぼ確実に痩せたい部分の脂肪を排除することができ、肥満に悩む人が健康を取り戻すために受けることもあります。
太り過ぎは心臓や内臓にも負担がかかり膝や腰を痛める人も少なくないので、仕方がなく受ける人もいるかもしれません。
二の腕や太腿など気になる部分に脂肪溶解効果のある注射を打ち徐々に溶けだした脂肪がリンパに乗って体外に排出されるのを待つだけの、画期的な方法なのです。
しかし、この簡単に部分痩せができる脂肪溶解にはメリットだけではなくデメリットもあるので、納得した上で受けなくてはトラブルに発展する可能性があるのです。

メリット
・自分が痩せたいと思う部分の脂肪を取り除くことができる
・メスを使わないので体に負担がかかりにくい
・体に傷が付かない
・脂肪吸引ほどお金がかからない
・短時間で施術が終わる

デメリット
・多少痛みがある
・腫れやあざが残ることがある(数週間で消えることが多い)
・一回では効果が出ないことが多く予定よりも高額になることがある
・部分的にしか使えないため、広範囲に使用できない

このように、必ずしも自分が思っているように夢のような痩身方法ではないのかもしれません。
確かに脂肪を分解して排出することはできるのですが、一度の注射で魔法のように脂肪がなくなるわけではなく、数回受けなくては理想の細さにはならないようです。
それでも脂肪溶解は効果的で、上半身は痩せたくないけど太腿だけ何とかしたい!など部分的な悩みにはとても効果的で、最終手段として考えてみても良いかもしれませんね!